ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

ライトノベルオールタイムベストについてもう一度本気出して考えてみた

以前も書いた気がしたけど、あの時は割かしノリで考えていたところもあって、あれから時が経ち自分が読んでる幅も広がった今言葉の通り、オールタイム。自分がこの先色んな本を読んでもいやこれよりも面白いものは出ないでしょ!!ってレベルのものを挙げていこうと真剣に検討する回です。

まずパッと思い浮かぶのでナイトウォッチシリーズ、ブギーポップシリーズ、シュピーゲルシリーズ、グラスハート

わたしは虚夢を月に聴く (星海社文庫)

わたしは虚夢を月に聴く (星海社文庫)


ここいらでちゃんと完結まで読んだのはテスタメントシュピーゲル。これはもう間違いなく自分が読んだライトノベル史上最高と言い切れるくらい大好きなので確定。

オールタイムベストを決めるに当たって、シリーズを通して決めるのかあるいは群をぬいて面白い巻があった場合を選ぶかで悩むところ。

グラスハートはこれもまだ完結まで読んでないし、心の揺さぶられ方が他の作品と違うし、心が千切れそうになったから確定にしたいと思う。嵐が丘はエピソードとしても最高だったし。

次にナイトウォッチとブギーポップ。ナイトウォッチは完結済みだが自分が最終巻未読。近々読みたい。後、明確なルール化をしたくないけど同じ作家を入れるのもどうか思うので、どちらか一本に絞りたい。となったら上記でも書いた群を抜いて面白い巻て方で考えたら圧倒的に好きなエピソードのペパーミントの魔術師があるブギーポップシリーズを推したいところ。ブギーポップシリーズは割かし面白さにばらつきがあるけれども面白い時はクレイジーサイコーになるので、やはりここはブギーポップ推したいところ。つーわけでブギーポップ確定。

後、自分は青春恋愛モノが大好きなので、そこからも何作か入れたいところ。けれどもそればかりを入れるとかなりガクッと傾いたリストになるのでちょっと選抜していきたい。
やはりファミ通の青春恋愛モノは入れたい。森橋ビンゴ野村美月、最近なら久遠侑さん。ファミ通以外でも青春恋愛モノで好きなモノはたくさんあるし枠を設けたいけど、まずファミ通の青春恋愛モノが自分の中で大好き過ぎる作品がたくさんあるので、そこで絞っていきたいと思う。

東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる (ファミ通文庫)

東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる (ファミ通文庫)

三月、七日。―その後のハナシ (ファミ通文庫)

三月、七日。―その後のハナシ (ファミ通文庫)

とりあえず三人に絞ったけれども。森橋ビンゴさんならやはり作品の題材やそれを上手くしっかりまとめた事もあってこの恋と、その未来を推したい。野村美月は、これは多分世間的なヒットなら圧倒的に“文学少女”なのだろうけれども青春恋愛感の強さや好みから言ったらヒカルシリーズの方が圧倒的に勝ってる。久遠侑さんの近すぎる彼等も青春恋愛モノの傑作で森橋ビンゴさんや野村美月さんにも負けない傑作だと思うけれども。。。ファミ通青春恋愛枠を一本に絞るとしたらやはりヒカルシリーズだと思うし思い入れもあるし。てなわけでとりあえずヒカルシリーズを確定。

後、やはり好きな作家であるし、確実に面白いを叩き出してくれる安心感もある石川博品林トモアキ作品も入れたいところ。

菊と力

菊と力

ヒマワリ:unUtopial World4 (角川スニーカー文庫)

ヒマワリ:unUtopial World4 (角川スニーカー文庫)

ミスマルカ興国物語 VIII (角川スニーカー文庫)

ミスマルカ興国物語 VIII (角川スニーカー文庫)

石川博品はかなり悩む。たぶん石川博品好きな人の大抵はデビュー作であるネルリを選ぶんだろうけど、ぶっちゃけ自分はそこまでグッとこなかった。後、作風を変えてくるというか作品毎でやりたいことも異なってきてると感じ、それぞれに違う魅力もある。中でも自分の好みである青春感が強いということでメロディリリックアイドルマジックがヴァンパイアサマータイムのどちらかを選びたいところ。そしたらなんちゅーか色んなモノを楽しめ、かつ笑いの要素も上手く機能しておりかつシリアスもイケてたメロリリになるのかなぁと。メロリリ確定。

林トモアキはラストの盛り上げ方が上手くその中でもぶっちぎりマスラヲが盛り上がったけれども。けれどもよくよく振り返ればあまり自分はファンタジー作品というのが嫌いな訳では無いけれども一番好きなジャンル!!て程でもない。そんな自分でもど偉いハマったし、何より数多く出てくる登場人物どれも魅力的なミスマルカの方を挙げたい。ミスマルカ確定。

その他シリーズ通して好きと感じる俺妹や禁書。自分の好みどストライクからは外れるけど単純に上手いわぁと感じる古橋、秋山作品や好きな作家枠に入るけれども上記で挙げた作品と比べたら。。。と思うと入れるの戸惑う比嘉智康穂史賀雅也深見真平坂読青春ブタ野郎シリーズや俺ガイル、グリムガル。自分の好みどストライクだけど、打ち切りにあったジョーカーズ!!やまるで人だな、ルーシー等々。入れたい作品があるけれども。やはり上で挙げた作品と比べるとうーんと悩んでしまうのでとりあえず今回は見送ろう。

ブラックロッド (電撃文庫)

ブラックロッド (電撃文庫)

暗闇にヤギを探して (MF文庫J)

暗闇にヤギを探して (MF文庫J)

僕の学校の暗殺部 (ファミ通文庫)

僕の学校の暗殺部 (ファミ通文庫)

ジョーカーズ!! (ダッシュエックス文庫DIGITAL)

ジョーカーズ!! (ダッシュエックス文庫DIGITAL)

まるで人だな、ルーシー (角川スニーカー文庫)

まるで人だな、ルーシー (角川スニーカー文庫)


また、自分の中では確実にラノベの枠に入ってるけれどもラノベで入れるで合ってるのかなぁ?と思い長沢樹の消失グラデーションや皇国の守護者も今回は保留にしようかと。けども面白さ的には確実に10選の中に入るし、この二作を入れたら枠は残り二作になる。

最後に取りあえず今回、決まったオールタイムベスト10選のまとめをしたい。残りの枠はとりあえずこの先、自分はまだラノベを読み続けるだろうし、その時また考えようと思う。現在進行形で刊行されてる面白いシリーズもまだ読んでない過去の名作も多々あるし、それらを読んでからでもいーかなと。

オールタイムベスト確定枠
ブギーポップシリーズ
シュピーゲルシリーズ
③グラスハート
ヒカルが地球にいたころ……
⑤メロディリリックアイドルマジック
ミスマルカ興国物語
⑦検討中(候補 消失グラデーション)
⑧検討中(候補 皇国の守護者)
⑨検討中
⑩検討中

とりあえず今回は、こんな感じで。

現代で異能なバトルなラノベでエンジョイホリデーリスト

EXMODがとても良かったんです。EXMODがとても良かったのです。電車事故で失ったモノ、そして目覚める異能。姉弟くらい距離の近い幼馴染みの姉妹二人。異能が覚醒するまでや登場人物の関係が移ろいいく。そして過去。ハッキリ言ってめちゃくちゃ面白かったっすね。こーゆー現代で異能なバトルを読みたかった。平穏な日常の裏で闇の中で活躍する。そんな感じ。いやー、ホントに面白かったっすね。

なろう系やファンタジーがラノベのメインと言われて、もう何年が経ったかは分からん。数えてない。自分の年も数えたくない。ネットでおっさんおっさんとおばさんおばさんと言ってるヤツが大学生の時の芽生える怒り。留年してても怒りは変わらん。8年生の方はどうか頑張って卒業してください。

まぁそんなファンタジーが主流、と言っても新たな流れが生まれそうな予感はここ最近思っちゃいるが、それがやっぱりなろうやファンタジーとかの時みたいにハッキリと分かるモノでも無い。ハッキリ分かるのは、最近○○ばっかり〜と言われるようになってから、数年前から来てるわ!!うるせえ!!と言うツッコミも添えて。

話逸れた。まぁ現代な異能なバトルモノって何というかあるっちゃあるだろうし、探せば出てくるだろうけど。いや、探さなくても出てくるだろうけど。あまり自分が最近読んでないっていうのもあって。やっぱりこのジャンルは好きだわぁと改めて。但しジャンルが好きだと言っても=面白いになる訳では無い。そんな単純じゃないじゃない、面白いって。

こう学園異能モノ(これで良いのか?)ではなく、異能が世間に浸透してる訳じゃなく、影でこんな闘いがあったてのが好きなのよねぇ。

そういったジャンルでまず自分の中でパッと思い浮かぶのが、深見真。読み始めた暦が浅い自分にとってはやっぱりこの人かなぁと。

genezは若干学園異能モノの側なのかなぁ?けどやっぱりこの人が思い浮かぶなぁ。暗殺部のダーティな感じを演出する文章も好きだったなぁ。

後は、多分このジャンルにバチッとハマるのがやはりブギーポップは笑わないなんだろうなぁ。

ブギーポップは今年読み始めてドはまりしてる。ブギーポップでたまにネットで見るのが異能バトルモノになったらつまらないって人。恐らくジンクスショップあるいはエンブリオあたりなのかなぁ??と思っている。

けれども多分現代で異能なバトルモノでバチッとハマるのがブギーポップであるけれども自分は青春小説の面で好きだからなぁ。ブギーポップ。異能バトルモノになってから読まなくなったって人がどのタイミングで読むのやめたかは分からんが、少なくとも沈黙ピラミッドは後期のブギーポップの中でも屈指の名作であるから是非読んで欲しいと思える一冊。

後は、パッと思い浮かぶので林トモアキ作品や蓮華くんシリーズかなぁ

ヒマワリ:unUtopial World4 (角川スニーカー文庫)

ヒマワリ:unUtopial World4 (角川スニーカー文庫)

正直、ヒマワリになってから何となく読むのやめちゃったというか正直言って1巻がつまらんかったから何だけれども。けれどもこの作者はラストへの追い込みは漫画で言う藤田和日郎レベルに信頼してる作家だから再開したいところ。個人的にはマスラヲから読み始めるで充分楽しめると思う。

蓮華君の不幸な夏休み〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)

蓮華君の不幸な夏休み〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)

蓮華クンシリーズのひと夏異能に関しての騒動に巻き込まれてやいのやいのしてるのも楽しかったなぁ。少しビターな感じもたまらん。

最近の作品で現代で異能なバトルモノでぱっと思いつくのが友人キャラは大変ですかとかまるで人だな、ルーシーとか??けれども友人キャラはラブコメ要素の方が楽しんでるし、ルーシーも異能バトルというより文体を楽しんでたから、こうEXMOD読んで楽しー!!てなるのとはまた違うかなぁ。後は、最近だと魔女と魔城のサバトマリナかなぁ?とも思ったけど、あれはどちらかというと学園異能バトルモノの面のが強いかなぁ?少し前に振り返ればKAFKA使いが現代で異能なバトルモノにあたるのかなあ?

友人キャラは大変ですか? 3 (ガガガ文庫 た 7-3)

友人キャラは大変ですか? 3 (ガガガ文庫 た 7-3)

まるで人だな、ルーシー (角川スニーカー文庫)

まるで人だな、ルーシー (角川スニーカー文庫)

ぜーんぜん読んでねえなぁ、おい。最近は読書量もめっきり減ってしまったし。。。まあ今回言いたかっ事はEXMOD面白いので読もう!!と現代で異能なバトルモノをもっと読みたいなぁで。終わりたいと思います。

これ以上、言いたいことは恐らくないです。

EXMOD: 1 読みました

かなり自分がこーゆーのを読みたかったんだよ!!ていう理想に限りなく近い作品でかつ、面白い。傑作。みんな読めばいーのに。

一人の少年と姉弟と言っても良いくらいの距離の近い幼馴染みの姉妹の3人の物語。ここで既に1好き。

さらに事故に巻き込まれ、それで体も重傷を負い今あるモノが失われ、そして仲が良かった3人の関係も移りゆく。2好きめ

さらにその事故で異能に目覚め、よく分からんうちに公安に協力して同じ異能を持つと対峙する。3好きめ。

好き、好き、好きが詰まりすぎてる。

序盤が中盤までじっくりねっとりと異能に目覚めるまでの過程や弟としてしかみていなかった姉妹二人との関係を綴るのサイコー。特に姉の方が、姉として出なく女として主人公のことを好きという描写、嫉妬を交えて、妹からみた姉の視点を交えて丁寧にねっとりと。妹も兄貴分として男勝りのキャラだったが、弟分である主人公の見方や呼び方、そして主人公に恋をする姉を見てチクリと痛む心とか、そーゆーの丁寧に綴ってくれて非常に良い、

異能に目覚め、日常から非日常へと歩を進める描写や、主人公の覚醒、大切な人を守るためってのが根っこにあるヒーロー像。そして異能者との対峙。読みたかった現代異能モノの全てが詰まってる。全て面白い。

非常に大好きですね。

友人キャラは大変ですか? 3 読みました

友人キャラは大変ですか? 3 (ガガガ文庫 た 7-3)

友人キャラは大変ですか? 3 (ガガガ文庫 た 7-3)

この作品、ちょうどいーんだよね。ラブコメもバトルも少し予想外の展開に振り切るところも。少しエロに舵切ったイメージもあるんだが。

なんつーか三姉妹(ではない?)とのアットホームな掛け合いかつ、ラブコメと主人公陣営とのバッティングとかなんつーかちょうど読みたいのよ。これくらいの面白さって言うとアレだし、とても面白いのだけど。

好き

侵略する少女と嘘の庭 読みました

あのびっくりするくらいにラストの庭のシーンがどっかで読んだデジャブに捕らわれている。なーんか現代文のテストとか?

嘘シリーズをこれで全部読んだけど、自分のクリティカルな部分には当たらないけれども面白かったが続いた。何が面白いかは追求していくほどでもないな。

グラスハート いくつかの太陽 読みました

いくつかの太陽―GLASS HEART (バーズノベルス)

いくつかの太陽―GLASS HEART (バーズノベルス)

100点です。この作品を読んだ中では60点や40点を付ける人が中にはいるかもしれない。けれども私は最初から最後までの一言一句。そう全て作品の空、海、大地、そして宇宙。全てが面白く。全てが好きで愛してる。最高に面白かったです。100点をずっと下回る事がないウルトラ大好きでした。

まず今回の前回からの続きで、テンブランクのブレインとなってる藤谷先生とオヴァクロのトーヤくんとの作った曲が被っており直接対決。対バンをする物語。なのだけれども。これの過程、アカネちゃんがいかに軸に巻き込まれるか。トーヤくんの信者であるアユミさんの行く末、彼女の重い想い。憧れ。そしてトーヤくんの出すアンサー。最後に藤谷ブラザーズが共演して、被った曲を共演する、そしてその二人の恩師?母親ともいうべき存在の作った原曲のタイトル。それを二人が固執する、そして二人それぞれの解釈。ハッキリ言って物語をなぞるだけで、感電したかのような痺れを与えてくれて。もう最高。

なのであるけれども。今回のアカネちゃんは半端なかった。この主人公はやってる事が魔性そのもの。世紀の大魔女的な魔性をやるのに魔性を感じさせない。あくまでナチュラル。あくまで自分の想いに真っ直ぐ。いやぁ凄いわ。そりゃ坂本君も鯖折り喰らったかの如く倒れるし、トーヤくんも二回目のキスをするし、藤谷先生だって求めるよ。尚くんも外野にいるかのようにみせて、短編で綴られるガキっぽさを出して温かく触れ合うよ、そりゃ。母親と話すときの女の子は抜けきらない。けれども自分の好きな自分を好きな人に対して見せる魔性。ソレは真っ直ぐであるからこそ、生まれるものかもしれない。ハッキリいって凄い。嬉しい。超楽しい。読んでて幸せ超サイコー。

甲斐さんや藤谷先生と携わってた元プロデューサー。天才と交わる事で壊される失っていく人々、天才を理解したいけれども近づく事ができない人々。今回、短編で藤谷先生の友人の漫画家のエピソードがあり、それが色濃く物語に照らされたとも。二人の天才は天才であるからこそ、触れ合わない。心を。相手の心を理解しない入り込まない。だからこそ繋がり逢えるってのがまたサイコー。そしてそんな天才二人がやってることはフツーの青春てのもまたサイコーであるし、フツーのキャンパスライフ。あれは良いエピソードかなぁと。

藤谷先生のテンブランクへの想い、アカネちゃんへの想い、坂本君への想い、尚くんへの想い。けれども大切な存在であると言うことは変わりないけれどもそこにはやはり弱さがあって。理解できない。理解されたくない、繋がりたくない。そんな中、いらだつ尚くんや繋ぎとめるために叫ぶアカネちゃんが眩しい。美しい。けれどもそれらに触れるのを。ぶつけるのを恐れるセンセーの天才。とても好きな天才を描いてるなこの物語は。

今回、新しいマネージャーゲンジさんのエピソードや過去の友人の視点から映し出される尚くんの過去。普通の蕎麦屋の長男。フツーに生きてる中で、フツー大切な人が突然いなくなる。そんな中、フツーにそんな彼の日常にとってはフツーではない喪失で変わりゆく。けれども彼はあくまでフツーなのよね。フツーに凄い。フツーに頑張ってる。短編形式で時が変わっても映し出される彼の普通さ。それがとても好き。藤谷先生とのドラマチックな再会もそれは素晴らしくなる。というわけじゃなく、フツーな日常である水面に一石投じて波紋が生まれるドラマチック。そんな描き方がとても心を揺さぶられます。

オヴァクロの二人の関係やトーヤくんの真っ直ぐさも長編、短編のの節々でしっかりと綴られていて、本当に良かった。彼の攻撃性は寧ろ弱さがちらついてるから。だから儚さみたいなモノを感じさせる。

そして藤谷先生がプロデュースをすることになる女の子二人。彼女らもどう関わって、特にアカネちゃんと藤谷先生が変化してくのか?それとも変わらないのか?期待が膨らむ。彼女ら一人とゲンジさんも評てしてたアカネちゃんのドラム、前のめり前のめりだからこそそれが魅力となりテンブランクの音楽を形作る。それは物語の中のアカネちゃんも同じで彼女がいるからこそ、このまぁなんつーか面倒くさーい登場人物達に彩りを光り輝く美しくしてくれるものなんじゃないかなと。魔性ですよ。魔性なんですよ。

青春てのはいつだって終わらないしいつだって輝けるし美しい。燻ってたって奥の奥では薄暗く輝いてる。いつかはまた輝ける。そんな物語が眩しいし、私のこころに喜びを与えてくれます。とても。とても大好きでした。

正直、ライトノベルを読んでたボーイズアンドガールズはレディスアンドジェントルメンになったらキャラクター文芸に移行できてる?

これ、自分が年食ってからライトノベルを読み始めたってのもあるけど、全くライトノベルから移行できてない。つかこうなんつーかライトノベルと一般文芸を比率の差異はあれどライトノベルと一般文芸を平行して読んでる、自分は。もちろんキャラクター文芸も平行の中のレンジに入ってるけど、それはあくまでライトノベルのっていうくくりの中。今はどうだかも果たしてそれがオフィシャルな形で言われたかも確固たるモノは無く述べるけれども当初(自分の認識はMW文庫設立)、キャラクター文芸はオトナ向けラノベ。というよりもライトノベルを読んでたオトナになった貴方へ的なメッセージがあった気がしたが、ソレってそんなにスムーズに移行できるものなの?って。自分の認識は、キャラクター文芸もライトノベルの枠組みにあるものだけれども。。。なんつーのかなぁ、こう萌え(最近ネタでも萌ーって言ってるヤツいませんね。私の薄暗い青春を送ってるときとは、泣きゲーやらでうぐぅとか言ってる真性にけれども彼らにとっては神聖なキモいオタクがいたもんだが。さらに余談だが一番こいつキツいなってのがジーズマガジンの読書投稿コーナーで当時シスプリブームだったんだがその際、12人の妹に応援されてる妄想で運動会の徒競走も学力の向上もしたって話。いや、当時はキッツいなァと思っていたが改めて思い直すとフツーに良い話かなぁと今更。クールジャパン。フィクションは貴方を救ってくれる。だから頑張ろう生きてこう。)とかうぉおぉ燃えるぜ大冒険みてえなモノを読んでたボーイズアンドガールズが。そんなボーイズアンドガールズがそんなレディスアンドジェントルメンになったら古本屋の姉ちゃんのミステリにときめく?(ビブリア古書堂の事件手帖読んでないし。ときめく人も当然いるだろう)、そんな上手い感じにシフトいけるの??と。多分、今はライトノベルとキャラクター文芸はでっかいライトノベルって括りの中には包まれてるけど、読む層が違うのだなと。それは年齢って縛りではなく趣味嗜好って言う縛りだと思うなぁと。こーゆー時、何かしらの経験とかデータで示すモノがあったらちとはカックイーものにできるのだろうなぁとも。思うのだけれども。そんな、面倒くさい事は私はしない!!絶対にしない!!私の人生という物語杷ちと不安定な状況が生きてて、この方大半んなような状況であるのに。そんなものに割いてる時間などない!!けれどそんなんだったらこんなくだらないモノを書いてる暇はあるのか??とセルフツッコミが入るけれどもそれはある。何故なら時間の。暇の。つぶし方も狭いし、何より実際暇だし。こうなんちゅーか割り切れないと言ったらそんなにカッコイイモノではないけれども。上手くいかないのよ人間て。いや人間はでかすぎる。やり直し。私って。精一杯頑張れない人間の精一杯日常を過ごすのは醜い汚らしい。けれども汚えものがスタンダードと胸をはっていいし。なんならそれを美しいと偽ったていいでしょ。自分のクサさに酔えよ狂えよシャンパン空けろよマイライフ。