読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

○○っぽいラノベって表現はオーケーオーケー使っていこう

言っていこうよ。自分の素直な想いを素直な言葉で。

この世に全く同じ作品は多分生まれない。パクろうと思わなければ。トゥハートが20周年とのことでTwitterで一瞬の閃光のような盛りあがりをみせる中、トゥハートを作ろうと思ったらヴェドゴニアができちゃいました。って話を見て、マジかいな。マジかいな。と思った。当時に揺らめく多感な時期をオタク活動、略してオタカツをしていた人間に取ってその逸話はアタリマエになっていて、アタリマエになってない側からしたら作品のパッケージをみただけで、そんな事は起こりうるモノなだろうか。とそらなるよ。マジかいな。マジかいな。

まぁそんな話を前置きにシタところで話は違うレールへと乗り換えが始まるのだが、○○みてえな○○と言って、作品の感想を述べるのは如何だろうか?と少し疑問に思い、今回ブログに書こうと思った。

ちなみに○○ぽい○○って表現は自分は大有り。だって感想を紡ぐのは基本はその作品と自分自身。そしたら自分自身の過去の読んだ観た聴いた感動したと言う過去の思い出と全くクロスしないで今回読んだものを語るのは難しいと思う。多かれ少なかれ。○○ぽい○○はあくまで自分の脳内で過去読んだ作品と結びつけて生まれるだろうから大いにアリ。だと思う。もちろんその読んだ感想を発信してそれを別の人間が受け取った場合は、○○ぽさを感じるポイントも異なってくるだろうからイチャモンの一つや二つくらい出てもまぁシャーないよね。と思う。

こっからは言葉の揚げ足を取って刈って手羽先にするくらいのしょうもない細かいニュアンスの話になってくるのだけれども○○のパクリとか○○が粗製乱造されてるとか。についてはノーノーの姿勢です。自分は基本的に。感情的なったら多分言ってる。パーフェクトヒューマンにほど遠い。というか対極にいるような人間であるし。頭きたら言ってると思う、恐らく。ノーノーの姿勢なのに自分ではやってしまうときもある。フクザツであるなんて言葉では誤魔化しきれない程のしょーもなさはある。

まぁ何でこんな事を書き始めたのか今さらぶっちゃけると今月、ガガガ文庫から刊行されたジャナ研の憂鬱な事件簿を読んで、あっ面白いと氷菓みてえだなぁと思い、最後迄辿り着いた時には溢れんばかりの読めた事の嬉しさ楽しさが出てきて、氷菓みてえだなぁってのは確かに拭いきれないけれど。それでも氷菓みてえだなぁで終わらない面白さがあったなと。氷菓みてえだなぁと思っておいてなんだけど、自分古典部シリーズを読んでない、アニメだけの人間。

ジャナ研の憂鬱な事件簿 (ガガガ文庫)

ジャナ研の憂鬱な事件簿 (ガガガ文庫)

氷菓 (角川文庫)

氷菓 (角川文庫)

まぁやっぱりそーゆー時に手癖でやっちゃうのよTwitter検索を。まあ案の上、いてまるきり氷菓じゃんみてえな感想をポジティブに言っており、そう○○みてえな○○ってのは人の自由だし。それはもう人それぞれ、自分自身も使うし。。。ってゆーのと確かに氷菓みてえなところを感じないっていうとマルキリのUSO800感出るけども自分はそれよりも先のところで面白かったんよ。凄く器の小さい事を思ってしまったから。因みに自分がお気に入りなのは、ホントに些細なワンシーンなんだけれども後半の展開でギターぶん回して暴れるシーンがあるんだけども、おっフリクリか!?んだよーもっとフリクリみてえにギターぶん回して暴れてくれよーって思ったシーン。自分も全然○○ぽいは使うオーケーオーケー。

フリクリ アーカイブス

フリクリ アーカイブス

と今回思って○○ぽいは人それぞれだし○○ぽいを使うときはポジティブなときもありゃネガティブなときもある。ホントに人それぞれだなぁとアタリマエの事を思ってとりあえず吐き出そうかなぁと思い、今ブログを書いてる。ジャナ研は氷菓みてえなところもあるけれどもめちゃ好きだから、自分みてえなのも書いたきっかけ。

そう○○ぽいは人それぞれなんだ。だからサクラダリセットはセックスの無い村上春樹とか村上春樹を読んだことないのに村上春樹を感じると言っても人それぞれなんだ。人それぞれだから村上春樹を読んだことないのにさすがに村上春樹を感じるってのはどゆこと?と思う、自分もアリ。モハメド・アリ

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

ナイトウォッチシリーズを読んで、1巻の展開からゼーガペインを感じてナイトウォッチの方が先に刊行されてるが自分がゼーガペインを先に観たから、ゼーガペインじゃん!!とキャッキャッするのもアリ。アリス・イン・ワンダーランド。キスしてグッバイしたいところ。

ぼくらは虚空に夜を視る (星海社文庫)

ぼくらは虚空に夜を視る (星海社文庫)


おにぎりスタッバーの序文を読んで瞬時に感覚的に阿修羅ガールみてえだ!わーいと思うのもアリ。アリアンドキリギリス。

おにぎりスタッバー (角川スニーカー文庫)

おにぎりスタッバー (角川スニーカー文庫)

阿修羅ガール (新潮文庫)

阿修羅ガール (新潮文庫)

ラノベっぽくないラノベで青春恋愛モノを出してる時に、一体この人はラノベと一般文芸をどのように見ているのか?と思うのもあり。

追伸 ソラゴトに微笑んだ君へ (ファンタジア文庫)

追伸 ソラゴトに微笑んだ君へ (ファンタジア文庫)

わたしの彼氏 (講談社文庫)

わたしの彼氏 (講談社文庫)

そう全部オーケーオーケーのオールオーケー。アリーノアリーノのアリーノヴェルチなんだよね。

ただ一番アリなのは、こんなくだらん事をだらだら書いてる自分に対してナシって突き付けることってのが悲しいところ。


今回も特に何も得られないし、もうこれ以上言いたいことありません。強いて言うならジャナ研読もうぜい!!です。

ちょっと投稿した後に、一番言いたい事を忘れてたので以下追記しときます。

何故自分が○○のパクリについてはどちらかってゆーとノーノーなのは明確なきっかけがあって、神のみで一躍売れっ子になった若木民喜さんのブログで悲しくも打ち切られた聖結晶アルバトロスが連載終了かそのちょい手前のあたりでブログに書いてあったこと。確か若木民喜さんの祖母が三つの要素を別々のところからパクったらそれはもうオリジナルになるって話を昔されたって言う内容なんだけど。そう全く=になる作品になんてねーじゃん。自分が自分の知識の中で酷似しているモノを見つけたとしてもそこ以外に目を向けると多分違うところがあるだろう。それなのにパクリと断絶するのはどーだろーなーって言うのはあるって話。

今度こそおしまいです。

ガガガ文庫て結局、何が尖ってたの?

ガガガ文庫が尖ってるって言われた記憶があり、今じゃ尖ってるって聞かないなと思い、そーいやそもそも尖ってる作品て何なんだったんだ(江波か?)と自分の記憶とインターネットの莫大な情報量を用いて調べたら、ガガガ文庫 尖りってクソみてえな才能のない検索の仕方をしてみたら自分のブログが検索に引っかかってしまい、そもそもガガガ文庫が尖ってるって何を持って、まぁ全体的なイメージ何だろうけれども。そのイメージを形づくる作品達は一体なんだったろう?(江波か?)と疑問を持ったのだけど、10年以上前にライトノベルを読んでた記憶はあまり無く、つか読んでない。自分がガガガ文庫尖ってるってみてえなのを受信したのもボケッとしながらまとめサイトみているときに知って当時の事など分からない。っていう人間の曖昧でかつ、情報量が足りない中、思いだしてみるけれども。。。

と最初に行き当たるのが深見真のなんか取りあえずエロいヤツっていう。内容は全く知らないけれどもにちゃんまとめで目にした作品になる。

武林クロスロード (ガガガ文庫)

武林クロスロード (ガガガ文庫)

なんかエロいぜいで盛り上がってたけど、もはやポルノ小説とか言われてたけど、まずポルノ小説を読んだ事もぶっちゃけライトノベルをガッツリ読んでた訳でも無く。取りあえずなんかエロい作品だぜい。で終わった。

次に思い浮かぶのが、多分創刊初期のラインナップにあった新興宗教オモイデ教外伝。

当時、まっマジみたいな記憶があって、オーケン好きだったしその時も今も正直詳しくないけどあの!!あのホワイトアルバムのシナリオ書いた人が執筆!!とおぉよー分からんウィーザーかなんか?みてえな記憶?いや自信ない。で取りあえず買った。まぁ内容はメグマメグマメグマメグマしか覚えて無く、尖ってるか否かはどーだったんだろう。そーいやオーケンを心のよりどころにしてるオタクをあまり見なくなった気がする。オーケンは寄り添ってくれない。自分の足で立って前へ進まなくちゃならない。グミチョコ大変好きだったけど、グミチョコを好きだった自分については、限りなく殺意に近い不快感を覚える。ダメ人間はおどってる場合じゃないし、日本は印度にできない。

グミ・チョコレート・パイン パイン編 (角川文庫)

グミ・チョコレート・パイン パイン編 (角川文庫)

後、ハムレットシンドローム?はそこそこ聞く。

ハムレット・シンドローム (ガガガ文庫)

ハムレット・シンドローム (ガガガ文庫)

こっからもはや自分の引き出しでは江波しかない。江波は確かに新興宗教がどったらこったらやってたし尖ってる。。。のだろうか。多分、江波作品のイメージが尖ってるの大半になってる。おそらく尖ってるのは江波

ボーパルバニー (ガガガ文庫)

ボーパルバニー (ガガガ文庫)

パニッシュメント (ガガガ文庫)

パニッシュメント (ガガガ文庫)

鳥葬 ?まだ人間じゃない? (ガガガ文庫)

鳥葬 ?まだ人間じゃない? (ガガガ文庫)

うーん。。。いやもっと全体的にそーゆーのがあったんだろう。一昔前にチャンピオンREDが核実験場かなんかみてえな事言われてたみたいに。全体的なレーベルカラーがそーだったんだろう。けど、チャンピオンREDが核実験場だったと言われても自分の記憶を紐解けばラインバレルとシグルイしか思い出せず果たしてそうか?と

そう1個1個みていても拉致が空かない!!だとしたらレーベルカラーが出るのはもちろんガガガからデビューした作家!!江波さんもそーだけどもガガガでデビューしたら作家、それのデビュー作を思い出してけば良いのでは?

寄生彼女サナ (ガガガ文庫)

寄生彼女サナ (ガガガ文庫)

脱兎リベンジ (ガガガ文庫)

脱兎リベンジ (ガガガ文庫)

マージナル (ガガガ文庫)

マージナル (ガガガ文庫)

あやかしがたり (ガガガ文庫)

あやかしがたり (ガガガ文庫)

こうして彼は屋上を燃やすことにした (ガガガ文庫)

こうして彼は屋上を燃やすことにした (ガガガ文庫)

わっかんねーーーー!!!当時のライトノベルがどんなん出てた事も分かってないからコレが他の作品と比べて尖ってるか否かなんて分からねえ。個人的には別のレーベルでてもありそうだし。。。

取りあえず分からなかったってオチなんでトガリをオススメしときます。

後、私見だけれども時と場合とからその諸々の事もあ何とも言えんが、ラノベ好きな人が尖ってる尖ってるて言うのと最近のラノベはテンプレテンプレ言われてるの限りなく近いけれども限りなく遠い何かを感じます。
特にこれ以上何も書くことは無いです。

妹さえいればいい。 7 ロックンロールは鳴り止まねえ

妹さえいればいい。 7 (ガガガ文庫 ひ 4-7)

妹さえいればいい。 7 (ガガガ文庫 ひ 4-7)

あの日だ。THE BLUE HEARTSに憧れギターを握ったあの日。THE HIGH-LOWSになっても続け。クロマニヨンズになっても続けてる。そんな日々は、自分には無い。けれどもヘッドホン(ヤマハ)を耳に当てればthee michelle gun elephantブランキージェットシティ、ふくろうず、スーパーカーくるりナンバガの音を今もあの日も聴いた同じ音。フリッパーズ・ギターにキャメル、ボウイ。ニルヴァーナレッチリマイブラ。何が言いたいかってロックンロールが鳴り止まねえ。そんなイケてる巻でした。マジでカッケエ。

イツキとナユタのさせっくすに持ってかれるいちゃラブ巻に。みんなでゲームするときゃ微妙なぎこちなさや千尋の可愛い嫉妬。とそれをさりげなく紡ぐ青春はとてもクールアンドめちゃサイコー。


けれども今回は、まさかの海津さんとアシュリーの過去話、これもイケてるわぁ。そして今のイツキへともつながる過去話。関ヶ原幽のお話。マジでロックンロールが鳴り止まない。はっきし言って痺れる心にグッとくる、これをロックンロールと言わずに何を言うと。叫びたいし唸りたい。

前回のカニさんと大きな躍進を進め、移ろい始める周りとの関係。言っちまえばコレが第二部の始まり。すっげえ楽しかったです。

暗闇にヤギを探して 1 読みました。

自分の感覚で言うと、こーゆー作品はめちゃクールと感じめちゃくちゃ好きでめちゃくちゃ面白かったです。

物語の回し方がたいへん好み。大好きなんです。文章も大好きなんです。風車の見える風景、お化けや暗闇が怖い主人公、カエル大好きのほほんおねーちゃん、着ぐるみ幼なじみ、センセンミリオン先輩。食事が通らない、主人公の書いた紙しか食べれない、お化け怖い、なんかいる、暗くて見えない、けれどもなんかいる夜の学校、夢で逢えたらホントを伝えられる、主人公と一緒にいたくて受験勉強頑張って難関校受かったら主人公の方がスベる、ヤキモキ、バサッと継ぎの展開へ回す感じ、とかとか。それもこれも。あれもこれも。しまいにはオザケン好きでしょ、あなた?サブタイトルで滲み出てるよってところまでも好きです。超好きです。そーゆーアレもコレも組み合わせ方がとても大好き。とても面白い。とてもクール。

クールなんだよ。

終わる世界の片隅で、また君に恋をする 読みました

面白いけど。よく出来てるけど。楽しかったけど。面白かったけど。もっと面白くできたんじゃね?みてえな横柄な気持ちもあった。なんというか面白いんだよ。何と言わなくても面白いのよ。けれどもちょっと物語のオチとか鮮やかにキメすぎてて。。。こう熱量が足りないと漠然とした不満がつきまとい終わってしまった。もっとゲスな言い方すると、ちょっとスカしすぎじゃないですかね?物語を面白く落とす事に何も悪いことなんてないけれども。それだからこそ心に残らないっつーのもあるのよ。みたいな

ジャナ研の憂鬱な事件簿 霧が晴れた

ジャナ研の憂鬱な事件簿 (ガガガ文庫)

ジャナ研の憂鬱な事件簿 (ガガガ文庫)

霧が晴れた。と読み終わった後に大変面白くて、最近、最近のラノベを読んでて面白いのに楽しいのにどこかはぁ。。。とかふぅ。。。とかよく分からんアキラメ?じゃねえけれども。面白く楽しく読書してたのに、どことなく霞みがかったものを払拭する面白さがあった。

ぶっちゃけ、ミステリーとして楽しかったと言えばどうなんだろう?けれども物語としては、そらもうとことんまで楽しみ大変面白かった。ミステリーを読んでんじゃない物語を読んでるの!!楽しんでるの!!て感じ。

ミステリ色とキャラたちが良い具合の配合で進む物語は楽しい。個人的には、最後暴れるシーンの時は、せっかくギター振り回してんだから、フリクリみてえなのやってよ!!フリクリみてえなの!!くらいしか不満が無いです。

ぶっちゃけといーかぶっちゃけ。日常ミステリーの青春ラノベ、フッツーのを全然越えてかない内容だったけれども一気に読ませられる引力を感じ、そこがすっげえ好き。引力が発生してるのは全体的。全体的、総合力。つーか雰囲気!?

この引力が自分をうおおおおおおお面白え!!!て気分にさせられ、自分がうおおおおおおおてなるのは面白いものだから。好きです。

グラスハート 嵐が丘 読みました。

マジで心が千切れるくらいにヤバイ面白い。つーか面白いからヤバイ。パ無い。超好き。この超好きっつーのは普段使ってる超好きの100倍は超好き。つまりめちゃんこ面白いんだよなぁ。

アカネちゃんの夢見る少女じゃいられない。けれどもオンナノコは止めないっつーのか、ミーハーさにさえシビれるを感じさせる。だってさぁ音楽もオンナノコも私頑張る、どっちも捨てないってさぁ。凄く良いよね。展開もテレビ出演直前の相次ぐトラブル。簡単に気づいたら藤谷せんせーがメンバーが連れてって気付いたらスターになってた。なんて事は現実にない。それは物語のスタートでお友達と喋ってるサイに漠然と掴んでる。夢は見るモノじゃない叶えるモノなんてこんな世界じゃ何年も前に使い古された骨董品の言葉。それをストレートに。時には夢に恋に音楽に周りに大切な人に嫌いな人に振り回し振り回されつつも。前に進んでいく。この足下はどんなんなってるか分からん、ぐにゃあと柔らかくなってるかもしれない。みたいな。みたいなモノを青春フルドライブで歩んでいく姿はまぁクールなんだよ。特にその青春フルドライブにメンバーに置いてかれているとおもって頑張るぞー追いつくぞーってなってヒーコラしてるけれどもまわりはアカネちゃんの音楽を認め、影響をモロにくらっている。

アカネちゃんの影響っていった、やっぱり今回は坂本くんの視点でのエピソードもあったから尚更面白かった。特に坂本くんのやっぱり何だかんだ好きな人のため、今回はアカネちゃんへはまぁ当然として自分の家族への拒絶と愛は、真っ当な思春期こじらせやがって、こいつ。というのが愛しい。それはバンドの追っかけをやってる彼女に対してもそうだったね。愛は欲しい。けれどもそれをどうやって求めたら良いか分からん。んーこの弱さがたまらんくスキです。

坂本くんと同じく藤谷せんせーやトーヤくんの弱さが可愛いンダヨネエ。藤谷せんせーの音楽でしか人を見れない繋がれない、それに周りがどう受け止めて良いのか。トーヤクンもやんちゃな言葉を使ったりしてるけれどもアカネちゃんとなら音楽で繋がれる、そして自分の事を分かってくれるっていう気持ちやオヴァクロでデジタルに俺の音にこだわる理由。また一応オトナとして振る舞ってる尚も序盤に描かれたセンセーとの求める音の違いやラストの書き下ろしでみせる子どもっぽさ。

なんつーかフラジールが強いんだよ登場人物がだからこそ、アカネちゃんに牽かれていくいくんだよなぁ。もちろんアカネちゃんも年相応の脆さはあるんだけれども。そんな登場人物が本当に愛しいです。大好きです。あなたたちについて行きたい。まぁ今回のベストフラジール大賞は甲乙つけがたいが、自分のスタジオに招き入れアカネちゃんとセッションするときにアカネちゃんなら自分の音を分かってくれる自分の音を見つけてくれると求めていたトーヤくんかなぁ?あのシーンはロマンティックが止まらないのではなく登場人物も物語もそして読んでいる自分もロマンティックそのモノになるキャーキャー感という爆発力が凄かった。あんたら脆さはとても美しいかっこいい、つか寧ろたくましい。

とまぁ物語も登場人物も何よりもそれを上手い感じで青春を切り取って貼り付け紡いでいく文章が眩しい。凄く愛しい。めちゃんこ傑作の大傑作。わたしゃこの作品を知って読めて、そして大好きになれて。それが本当に幸せ。そう感じます。