ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

平浦ファミリズム 私の心のトランスフォーマー

平浦ファミリズム (ガガガ文庫)

平浦ファミリズム (ガガガ文庫)

超エンタメってます。超エンタメってるからシンプルにめちゃんこ面白かったです。ホントにシンプルにシンプルに単純にめちゃんこ面白かったです。確かにあらすじや主人公やそれを取り巻く環境にメッセージみてえなものはあるとは思うんすけど、その前に。その前にシンプルにめにゃくちゃ面白かったです。

凄く感覚な話なんだけど、普通1巻2巻でやるものを一つの物語として集約させてめっちゃめちゃシンプルに面白くなった。ニュアンス的には上下巻でなく1巻2巻。というのもマジで読んでるときにマジで!?と思った事なのだけれど、物語の1/3くらい、1/2もいかないところですげえでかい展開が収束して、えっ!?マジで!?これで物語を広げてくんじゃないの!?と思ったらさらにどえれえスケールの物語になった。1/3も1/2もどちらもるろうに剣心。でござる。バットウサイ。

読み始めの時からしきりに主人公がマイノリティである事の肯定や人と繋がることの否定のスペルを唱え続けていたから、あっこの物語はマイノリティでいる事の正しさ?を描く物語ではなく、そこから抜け出す。主人公を変えていく物語なんだと気づく。その後、主人公ファミリーのマイノリティな感じとその家族の繋がり、特殊な家庭環境と主人公が家族以外の面々と触れ合う事で変わっていく。この変わり方も主人公が拒絶の言葉を吐き続ける度に変化していく事を丁寧に描いてる。

そんでもって伏線?という言葉で語弊があるのだろうが、物語の一つの展開、一つの言葉、一つの文章が後の展開に効いてくるのも凄えそこにエンタメってるを感じて何というか心地よい気持ちいい快感。アクエリオンにでも乗らせろやって感じ。多分、恐らく。こうテーマとかあらすじとかで見えてこなかったドライブ感が凄え気持ちいいの。それを紡ぐ文章もそうなのだろうけど。こうねぇ。ワクワクするんよ。ホントにこの心地よさなのか爽快さなのかと家族の絆や新たな関係の絆、主人公の心がトランスフォーマーしていくのとか。ストーリーと文章の何というか合わない歯車がじつはめちゃくちゃしっくり来ていたギュンギュン進む物語がホントにワクワクするんすよ。これはエンタメで、そんなかでも私の大好きなエンタメ。

物語の構成の仕方もワクワクへとダイレクトに接続していってマジでたまらんす。

シンプルにめにゃくちゃ面白かった。すっげえどストレートに気持ちいいエンタメと思ってる。

灰と幻想のグリムガル 11 知らない血と魂を交わらせて

人は慣れる生き物です、たぶん。恐らく。衝撃な展開で衝撃を受けていたら慣れるものです。たぶん。恐らく。まぁ何が言いたいかというと最近の灰と幻想のグリムガルに飽き気味であったというのが本音な部分。気持ち。だったんすけど、今回は久々に面白かったです。

前回の衝撃な展開だったけど、上述の通りさほど衝撃を受けていなかったメリィのくだりに決着がつき、またこの先のハルヒロ達、仲間たちの間でそしてこの物語の先の展開に何かしらをもたらすのかはこの先の展開で楽しみに待とうかと。

今回は、ランタの成長というか師弟対決の決着の付け方はかなり面白かった。またランタの現世の記憶の描写もあってランタが何故あー言う性格になったのかというのも踏まえて良かった。

同じくメリィの現世の記憶から知らない血が混じり出すあっこらへんの表現も面白かったっす。

菜の花の彼 エネルギッシュスーパードラマチックラブストーリー

うおおおおおおおお!!ってすげえエネルギッシュに読ませられた。これを解放しなくちゃいけないと思い、ブログ書いてるんだけど読んだ直後だからホントに今エネルギッシュになってる。いやヤバイ。こんな形でエネルギッシュになってるからなんてゆーか漫画って凄いね!!多分今のエネルギッシュだったらスカイダイビングできるよ、自分。どっちかっつーと高所恐怖症ぎみだけど。たぶんできる。いや怖い。アイキャンフライでヘリコプターから自分の身を解放できない。けどこの漫画を読んだ後のエネルギッシュは解放したい。めちゃくちゃエネルギッシュになってる。アブラギッシュになってたら使おうヨウジヤの脂取り紙。

いやーホンットにビックリしたわぁ。第一部の何つーかこう上手く行かないメイン三人が上手い感じでいやいや何つーかやるせないよねって感じで幕を引いた第一部完。そっからこれ?マジで?マジでどうなるの?どうしようとしてるの?そっちにいったところでホントに幸せになるの?の波乱万丈!?怒濤の第二部。いや何がどうなってそうなってあんた記憶喪失になってんのよ??ていやいやマジでどうなってんのよ!?て13巻まで読んでどんなに結末がハッピーエンドで締められたとしてもその過程を見てきた者としては、果たしてそれが本当に幸せなのであろうか?と考えてしまう怒涛だよ。怒涛なんだよ。

どうすんだよ?そんな困った顔で幸せそうにしないでくれよ。鷹人。鷹人派です。ナノカはかなり嫌いです。隼太も年下と分かってから好きになれた。

この熱量はどこに持ってきゃいいんだよ!!と感じさせるエネルギッシュスーパードラマチックラブストーリー!!半端ないね!!完結してから読めば良かった!!!13冊一気に読ませられるエネルギッシュ。読むべきです。

ゲーマーズ!8 ディアデッドマン舞起こってよメロディックなストーム

こーいつらはーーーーー。相も変わらず話が恋が進んでもぐるぐるぐるぐるぐるぐる。水金地火木土天海冥かよ。いつまでもいつまでも。いつまでも。こーいらはーーーーー。もう毎会フフフて微笑ましくなるターンはとうに過ぎ去り。今はと言うとお前らは!このお前らは!!と最早自分の心の部屋の鍵は無血革命で終わらす。事なんかできるわけもなく血で血を洗うrevolution。恋愛革命で24時間なんて戦えっこない。そんでもって思い思われ。

そしてふりふられの面々で再開される同好会はサークラの何倍も酷い焼け果てた跡地。と思いきや、あれ?何やってんの?何やってるって聞いてるの!?て言うくらい進歩してんだかしてないんだか、いやしてるんだけどもな相も変わらないと言うには関係性は大幅に変わった。けれども思い思われ。そしてふりふられをしたとしても相手を思いやるハートは変わらない。そんな展開にときめきを持ってバリバリやるっきゃ騎士。舞って!!セーラー服騎士!!て言う感じでラブコメ的なときめきはもてないんよねぇ。バリバリ恋愛のサーキュレーターは稼働してるが矢印四方八方手裏剣張りに飛び交ってるがどことなく倦怠期なような。感嘆に簡単に言うと読んでるコッチとしては、飽き気味。

生徒会の一存の時と同じくだらつきながらもストーリーは進める。ハッとしたモノもある。文句垂れたがそんなこの物語も好きであるというのも一面としてもある。けれども飽きたって言うのもある。好きなモノはただ好きってだけではいられない。ドラマチックが最早ドラマチックじゃなくて日常になりつつある。恋を。恋をしまっくといてくれよ兄さん姉さん。面白かった。

前回の展開で死人確定ゾンビ化待ったなしを突き破るラブコメの嵐は止まりそうにねーな、こりゃ。

ブギーポップクエスチョン 沈黙ピラミッド 読みました

シリーズ最高傑作レベルの面白さ。正直、頑固として今までブギーポップ最高傑作はペパーミントと自分に訴え続けてきたが、其れが崩れ去るレベルの面白さ。物語の予想できない運び。ブギーポップそして宮下籐花としての物語へのポジション。そしてどこもかしも愛や恋が詰まってる青春。今回は色んな勢力?と言えば良いのか複数の登場人物の想いが絡み合って最高の物語を生みだしてた。マジで個人的にブギーポップ最高傑作レベル。というよりもライトノベル最高傑作レベルの面白さ。いや、今回はマジですんげえだって。

今回登場するメローイエローはホントに良いキャラだ。フォルテッシモを先生として仰ぎあやめ、フォルテッシモの力になりたいから強い弱いと言う尺度でものを判断する。かと思えば、ラストのメザーニン戦で放る熱い言葉でホントに好きだなと。子供みたいな純真さを持つ。

後、何気に再登場したスプーキーEも相変わらず良かったし、今回のイマジネーターの物語への関わり方もこの物語がどう運ぶのか予想の外へと運び出してくれた。

館川睦美、子守時枝、真下幹也。そして宮下籐花と竹田くんも含んだ恋の矢印が上手くぶつからない関係。更にはブーメランチームとの意外な関わり、そしてブーメランチームでもブーメランへの思いやり。そこに物語の核心へと繋がるメザーニンの正体と。狂おしい程に恋と愛が詰まってる青春と意外な物語の運びが凄くハマっていてブギーポップシリーズの魅力がふんだんに詰まっていた。途中新刻も出てくるところで淡い失恋の物語への良いスパイスになってた。

ハッキリ言って、困ってしまうくらい?にめちゃくちゃ好きでめちゃくちゃ面白い。やべーよ。マジで面白えよみたいな感覚。この感覚を得られる読書は最高に幸せで。今の私はアラブの石油王(最近は金持ちの代名詞でも用いられないが)みてえな金に塗れた幸せなんかより、もっと。もっともっと幸せであると自負してます。

サイコーですからね、マジで。

モノクロの君に恋をする 船に乗るわけじゃなく、だけど港にいる

モノクロの君に恋をする (新潮文庫nex)

モノクロの君に恋をする (新潮文庫nex)

面白かった!!

げんしけんとエトランゼの全てを良い感じでバクマンをましましにしていった感覚。を持っているが断じてそうではない。後半、社会に断絶された存在の部分はセカイ系に近いなんかを感じて少しうへえって感じてしまったってのが正直な気持ちだった。後、社会にコネクトできてない人間達の集まりっていうのは一身上の都合でこれまたうへえ!とやっやめてくれ、止めてくれと悲しき共感を生み出した。青春できない人間達は青春もできるしサークルクラッシャーも引きおこせるんだ。これ。だから。オタクって人種はよおおおおお!!!

と思う気持ちもあるけれどもこの煮えきら無さとラストの愛とか恋とかフォーリンラブとかなんか分からない。愛への落としどころはまぁラブコメ真っ向勝負。背水の陣。そんなラブコメを見せつけてくれる青春。

これを大好きっていうのは私の思い出とのグラデーションにより、そう一身上の都合により上手く言えない歯がゆさみたいなものはあるけど。とても楽しめました。love!!アンド。EVOL。

好きラノ17年上期 投票

テスタメントシュピーゲル(3)(上) 冲方丁 【17上期ラノベ投票/9784044729127】

テスタメントシュピーゲル3 上 (角川スニーカー文庫)

妹さえいればいい。(7) 平坂読 【17上期ラノベ投票/9784094516777】

妹さえいればいい。 7 (ガガガ文庫)

暇人同盟 友達いらない同盟(2) 園生凪 【17上期ラノベ投票/9784063816051】

暇人同盟 友達いらない同盟2 (講談社ラノベ文庫)

まるで人だな、ルーシー 零真似 【17上期ラノベ投票/9784041052884】

まるで人だな、ルーシー (角川スニーカー文庫)

君は月夜に光り輝く 佐野徹夜 【17上期ラノベ投票/9784048926751】

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)

りゅうおうのおしごと!(5) 白鳥士郎 【17上期ラノベ投票/9784797390094】

りゅうおうのおしごと!5 (GA文庫)

ゲーマーズ!(7) 葵せきな 【17上期ラノベ投票/9784040709710】

ゲーマーズ!7 ゲーマーズと口づけデッドエンド (富士見ファンタジア文庫)

黒ギャルが異世界に転生してダークエルフと勘違いされました 七烏未奏 【17上期ラノベ投票/9784063815818】

黒ギャルが異世界に転生してダークエルフと勘違いされました ?モンスターもマナもマブって実は最強? (講談社ラノベ文庫)

弱キャラ友崎くん Lv.4 屋久ユウキ 【17上期ラノベ投票/9784094516838】

kindle限定!「電子特典版」付き 弱キャラ友崎くん Lv.4 (ガガガ文庫)

ジャナ研の憂鬱な事件簿 酒井田寛太郎 【17上期ラノベ投票/9784094516791】

ジャナ研の憂鬱な事件簿 (ガガガ文庫)

 

後、菊と力に投票したかったです。

菊と力