ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

山本五十子の決断 桜の季節舞い散って

山本五十子の決断 (ファンタジア文庫)

山本五十子の決断 (ファンタジア文庫)

意外と面白かった。て言ったらアレだけれどもホントに意外と面白かった。

けれどもこの作品の歴史の内容や知識をどこらへんまで説明するか、そして主人公の持つ歴史の知識の開示をどこまでしてくか??てので評価が分かれそう。史実の説明はあまりせずに物語を進めるのは、歴史にもあまり興味無い自分にとってはかなり読み易いと感じ好感を持てた。正直、史実の説明で知識量を感じさせる作品もこれもまた別の意味で好感は持てるが、物語がダレる。この作品には比較的そのダレるがないのが良かった。

しかし逆に実際の史実への説明も少ない事で正直、戦時中の登場人物の基となった人物に疎く。さらに登場人物の多さもあり全然どういうキャラであるかの馴染みが足りなかったかな。とも思う。うんキャラを推す作品と思うのだが、キャラが薄いと言うより馴染みが足りなかったかな。

けど内部のもめ事や史実とは違うミッドウェー海戦をどう切り開くのか??てのは、興味がわく。あまり歴史に疎い自分にとっては、そういった歴史を知らない人のための配慮をされてると感じる。

今回の話は、正直次の巻への繋ぎと1巻であるのにそこまで大きな盛り上がる場面は無く、構成的に不安というか大丈夫なの??と余計な心配はあるが、意外とつづきが読みたいと思えた。

キャラの心理描写と史実を追うかどちらでページを割くかでこの作品の面白さが変わっていくんじゃないかな??と思うんすよね。まぁ面白かったです。

絶対ナル孤独者 1 かなしみアップデイト

あっこれ読みたかったヤツまんまだと思った。夜の闇に消えていく。人知れず。異能者。現代もの。主人公コンプレックスやトラウマ、そしてそれらが結びつく暗さがある性格。大切な人を守る。一人のなんかつおい少女と出会う。かなりどストレートを放ってくるあっ、これ読みたいヤツだ。って感じ。

けれどもちょっと冗長というか主人公、敵のバックボーンを丁寧に描き読みたいヤツじゃんに繋がってくるけれども。やっぱり冗長なんよなぁ。頭を通り抜ける文章。

かなり好きです。けれどもこうハマるモノはない。

まあまあの面白さ。

MF文庫Jのレーベルカラーは人によってカメレオンみてえに色が変わる

夏ぐらいに暗闇にヤギを探してを読みました。自分ラノベ史に残る紛れもない傑作。特に3巻がモノごっつすんばらしい。モノごっつすんばらしい。

とまぁ暗闇にヤギを探してを読んで、自分のMF文庫Jのイメージが変わったというかMF文庫に二つの勢力があったとすると。天秤。シーソーゲームのように揺れ動いてたものが片方にガクンと重力が生じて。こっち!!わたしゃこっち!!私にとってはMF文庫Jはこっちなんよ!!

なりました。

まぁ肉付けをするならアニメ化作品のハーレムとかラブコメとか萌えとか側と
青春恋愛とかシリアスとかあるいは骨太(恥ずかしい)とか側だったら
自分のMF文庫Jのイメージは後者の方が強いかなぁ。もちろんレーベル毎で括ることの難しさやその両方で天秤をかける意味の滑稽さ。そしてその両方も併せ持つライトノベルというか小説て媒体の広さと言えば良いのか??とかを考えると何だかと思えてくるモノは無い訳では無い。けれども自分がSNSやネットを目を通して生まれた感覚的な話であるのだけれども。MF文庫Jのレーベルカラーを上記の二つの天秤のどちらかでみている人の割合多くね?と感じ、ちょっと簡単にブログに書いていこうかなと。恐らくは正解はどちらの要素の作品も共存しているがお利口で。そして限りなくアンサーに近いアンサーなのだろうと察しがつくのだけれども。まぁ暇つぶしがてらに書いていこうかと。

ただなぁ自分はぶっちゃけMF文庫の歴史とか変遷とかそういった昔をあまり知らねえし、かつオタクのトレンドみてえのにめちゃくちゃ疎いから穴だらけな内容になってしまうのは明白だし。石鹸枠ていう言葉も使われなくなったくらいにやっとどんな感じの意味なのか分かったくらいだし。偏見に塗れた内容になんだろうなぁと。ライトノベルの博士号みてえな人とかあるいは、ライトノベルの熱がハピネスチャージされてる熱いオタクとかが語るMF文庫Jについてを読んでみたい。ちょっくら後で探してみるか。

なんか前置きが長くなってブログ書いてくテンションが薄れ始めてきたので、以下に簡単に。あるいは雑に。書いていこうかと。

まずライトノベルって作品毎作家毎でカラーは違うのは当然なのだけれどもその作品が刊行するレーベルによってのカラーで語られることが多いなと感じることがあります。

ガガガ文庫なら尖ってる

パニッシュメント (ガガガ文庫)

パニッシュメント (ガガガ文庫)

ファミ通なら青春とか恋愛

とかはよく目にするし、自分も何となくそのイメージが形作られてる。

そんな中でレーベルカラーとして語られてるのがMF文庫Jは萌えとかハーレムとかの言葉を使われてるのをよく目にするし、自分も正直そのイメージの印象を持っていた。

これはヒット作であるゼロの使い魔を始め、MF文庫Jのアニメ化作品にそんな要素が目立つモノが多いと感じたから形作られたイメージなのではと。(ISはオーバーラップに移籍したが)

IS〈インフィニット・ストラトス〉 1 (オーバーラップ文庫)

IS〈インフィニット・ストラトス〉 1 (オーバーラップ文庫)

精霊使いの剣舞 (MF文庫J)

精霊使いの剣舞 (MF文庫J)

とアニメ化作品かつ自分が読んだことがあるのは上記で。その中で並べてみても確かにその要素はある。というか強いと言っても良いと考えると。

ただこれは自分の読んだ範疇である事、自分がMF文庫J全てのアニメ化作を把握しいないし、MF文庫Jの過去も知らない。のでそこんとこを考慮するとアニメ化作品=ハーレムや萌えが強いと言い切る自信が無く、寧ろブレブレになってしまう危険性も孕んでいる。

けれど自分が読んできたMF文庫Jの賞でデビューした作家の作品はそれとは違う面も見えると感じる。いっちゃん最初に挙げた暗闇にヤギを探して含め。そのレーベルの新人賞作品てことは、そのレーベルのカラーと言っても間違いではない?つかレーベルカラーを反映されてるものでは?と。

豚は飛んでもただの豚? (MF文庫J)

豚は飛んでもただの豚? (MF文庫J)

加えて少し前ならアペンドラインと言ったレーベル内レーベルみてえのや更に遡ると清水マリコとかもいたし萌えやハーレムばかりて括りでは無い作品もちらほらMFJでは見られる


まぁ自分はここ最近、上で挙げたアニメ化作品よりも下で挙げた作品群の方を手に取る頻度が増えて、いやMFJが萌えとかハーレムばかりとか嘘じゃんてなって
自分にとってのMFJはアニメ化作品じゃなくて、こっちよ!!こっち!!となった訳なんだが。

けれど今回、これをブログに書いて言いたかった事。というより書いてる途中で気づいた事なのだが。上で萌えとかハーレムとかテンプレとか言われている認知度のあるアニメ化作品もソレと反対側の天秤として置いた作品もそれを対として置くのも難しいのかと。

と言うのもアニメ化もしてMF文庫Jの中でもヒット作であるはがないこと僕は友達が少ないの存在。

はがないはハーレムとか萌えとかで楽しんでいる人もいたり、あるいは平坂読の文章きんもちいいや良い青春モノ!!って小説の楽しみ(かなり語弊がある言い方であるとは自覚はしてる。自覚は)をしてたりする人もいるし、あるいは両方を楽しんでいる人もいるし。一つの作品で色んな楽しみ方があるとすんげえ当然の。古い言葉ではアタリマエだのクラッカー。すんごい当然だなぁ、それ。作品の楽しみ方なんてひとそれじゃん。とはがないの存在でその当たり前を思い出したけれども上で挙げた作品だってそんな当たり前が適用されるのは当たり前だし。なんつーか二分してMF文庫Jを。そのレーベルの作品達を見るのは違う気がしてきた。萌えの作品が心をえぐる事だってあるし、尖ってる作品が萌える事なんて日所茶飯事。だから。だから。ラノベは凄いんだよ!!(総合格闘技で勝利した元力士 戦闘竜のインタビューの時のマネ)

まぁ楽しみ方なんて人それぞれだし各々楽しんだり、つまらないものに苛立ったりしましょとすんごい胡散が臭すぎるぼかぁ中立ですから、中立キャラみてえになってしまったが、そうだしなぁと。

まぁだからと言ってレーベルカラーで作品をレッテル張りするのは別に良いけれどもクソラノベ製造所のMF文庫Jとかクソみてえなというかクソをペーストにした息臭い言葉の弾丸で周りをヘドロにすんのはやめましょ。言ってるヤツたまに目にしてたんだよなぁ、クソラノベ製造所って言葉を使ってるヤツもみたし。

以上、胡散が臭すぎるぼかぁ中立DEATHキャラで今回の話を締めたいと思います。

いつも通りまとまりはございませんが、ライトノベルのお話でした。

最後にどうやらすんごいのが今月来るらしいので読んでみようと思う。何がすごいかは分からんが凄み感を出してきてる。

図書迷宮 (MF文庫J)

図書迷宮 (MF文庫J)

鬼滅の刃の魅力につきまして

鬼滅の刃無料分4巻分読み切った後、あまりに面白すぎて8巻までKindleキメた。イッキヨミ。大変面白すぎた。そういった買って続きが気になり過ぎてすぐ読みたい時に電子書籍はホントに便利だ。あまりに続きが気になり過ぎて本屋へ走るて良い思い出だよね。自分の中の体験だとサザンアイズがそれにあたる。友人はドラゴンドライブって言ってたな。

Dragon Drive, Vol. 14: Wait

Dragon Drive, Vol. 14: Wait

また違う友人と最近のジャンプでの面白い漫画について話したことがある。もう我々もジャンプに対して老兵ならぬ老害と言われてもおかしくない年齢に達してしまったのだろうか?いやそんなことは無い。ジャンプはジャンプ。色褪せない面白さをきっと。今でも。私たちに提供してくれるはず。冒険心を失わなければ。心はきっと今でも少年少女。そして青春爆走ができるんだ。きっとそうなんだ、これで良いのだ。自分は相撲と言うのに対して友人は鬼が面白いという。

ジャンプが今でも好きと言っておいてなんだが、自分は正直ジャンプを購読していないのはもちろん。下手したらHUNTER×HUNTERが再開するタイミングでたまーに買ってみて、ONE PIECEどうなってるかなぁとパラリと読んで、他の漫画は更に炒飯の如くパラパラッと読む程度になっている。さっき言ってたジャンプの愛がうそみてえだ。けれども嘘では無い。ジャンプは今でも好きよ。ただチャンピオンの方がもっと好きなだけ。ビースターズを読もう。六道の悪女を読もう。ふしぎ研究部を読もう。月刊だけどスピーシーズドメインを読もう。全部大好き全部オススメ。

話を鬼滅の刃の話に戻す。

先の友人が鬼滅の刃の面白さの説明で、改めて一巻から読み始めとても共感した事がある。ソレはゲームを実況している楽しさ。ゲームをやってるとき、RPGとかでもボスの強攻撃で死にかけそうになると、ヤバっヤバヤバッ!?って言った経験がある人は少なく無いとは思う。敵は和風吸血鬼みてえなヤツら。常に強敵と対峙している本作の主人公炭治郎は時にはその窮地を脱するため思考を巡らしたり自分を振るいたせようと鼓舞する。そんな独白が多い主人公である。そんな炭治郎のいつもギリギリの死線を潜る独白は、確かに友人が言ったようにゲームの実況。あるいはそこまで行かなくてもゲームをしているときの独り言。それと同じ楽しみがある。

また炭治郎の常にひたむきな性格で周りが変わり始めるって言う面白さも4巻あたりから炭治郎と共に戦う
善逸とイノスケを始め魅力的に映る。大袈裟な感じも否めないが、太陽と月の関係みたい。脇役である彼ら彼女らは、その人本人だけでは魅力も少し弱いと感じている。けれども炭治郎と関わることで魅力的に映る。逆に炭治郎のキャラも彼らが引き立つ事でひたむきな性格ていう愚直て言う個性をより魅力的に感じさせる。どちらも太陽であり。どちらも月である。大袈裟かもしれない。けれども主人公の魅力で脇役にもすんげー良いスポットライトがあたるってすんげー楽しい少年漫画じゃん。すんげえ好きじゃん。炭治郎のひたむきな性格て言うのは、妹のネズコのために奮闘するってのも忘れちゃならない。

後、ありがちって言葉で使うのもアレだけど、主人公陣営の強力な先輩、上司キャラ。何とかナンバーズ的なヤツら。彼らの存在も。まぁありがちっちゃありがちで締められる話。なのかもしれんが、普通にそーゆーの好きよね。単純に好きよね。炭治郎のバックボーンとかも含めて。好きなんよね。

後、この漫画で凄く独特と個人的に感じてるのは一話一話の終わりと。その次の話の導入。すんごい地続きなのよね。ふつー一話一話である程度まとまり、あるいは次の話への盛りあがりを気にする締め方を少年漫画ってするって印象があったのだけれども。鬼滅の刃は、その一話毎のシメが無いというか、その次の話のその次のコマで続いていく。これ何となく新鮮な読後感があるし、話数毎の表紙?でも1頁まるまる使ってるが、物語の1シーンでもあるし。この手法はもしかしたら普通に他の人もやってるかもしれんが、凄く。何故だか。新鮮だったよんよなぁ。

一気にガーッと読んでしまう。読んでしまった面白さがあった。鬼滅の刃。とっても大好きになりやした。

割かし和物てだけで若干尻込みするタイプなんすけど、とても面白かったっす。

鬼滅の刃面白いよとチャンピオン作品面白いよな内容でした。

絲山秋子 ばかもの 読みました

ばかもの (新潮文庫)

ばかもの (新潮文庫)

久しぶりに絲山秋子の作品を読んだ。とても楽しい読書だった。二人の男女。二人のばかもの。二人の恋と愛。二人の失ったモノ。汚いものが美しい。そんな感情はまだ失いたくない。とても面白かったです。

村上春樹 風の歌を聴け 何処を切り取ってもこぼれ落ちる青春

風の歌を聴け (講談社文庫)

風の歌を聴け (講談社文庫)

本気で驚いたのだが、入ったときはそこそこ賑わいを見せてたTully's。読み終わったら自分以外に誰もいなく。物語と自分の世界になっていたのが、現実に反映されてしまったと一瞬勘違いをしてしまった。本気で読み終わった今もこの作品の何処を切り取っても美しい青さに心が揺さぶられる。凄く大切な作品になりました。こんなに蒼かったんだ村上春樹デビュー作。綺麗だな。超傑作です。コバルトブルーの海で溺れたい叫びたい。最高だと。

一番好きな漫画サザンアイズにつきまして

ちょっと今回は自分の一番好きな漫画について簡単に書いていこうと思う。

きっかけは最近、どうやらFGOで新キャラ投入されており、若干サザンアイズネタを使ってる人をちらほら見て、サザンアイズについて思い出し始めた。

サザンアイズは過去の作品ではなく、最近と言っても数年前か。またweb上で新章と言うことで連載がスタートされた。その後、何周年記念みたいな形で急に思い出したかのように語られ始めて小さい賑わいをみせた。連載復活を皮切りにに色々な媒体で発表された。その時、うしおととら寄生獣等の過去の名作がアニメ化をしており、majica?これサザンアイズもくるんかい?この波にのるんかい??といやいや、んなこたぁあり得ねえよって気持ちの裏に小さい期待があった。結果、やはり無かった。悲しー。カナシミブルー。

けれどもサザンアイズは累計3000万部以上の超ヒット作品である。一時代を担ったと言ったらその他の超人気漫画がひしめき合ってたので言えないだろうが。少なくとも一時代に名を残したくらいは言っても良いと思える人気作品だろう。凄えな。

自分にとって、サザンアイズが一番好きな漫画である。ぶっちゃけサザンアイズの批判もあるが、批判している人の言ってる通りだと思う。作者である高田祐三も完結したときに述べているが、後半の展開はキャラへの愛着により中々キャラを殺せなくサクサクと物語が進まずテンポが悪くぐだくだである。前期のテンポ良い冒険活劇とは絵柄の変化も相まってかなり雰囲気はちがくなってきてると思う。かなり理解できる批判だ。

けれども自分は後半のサザンアイズの人間ドラマ的な部分が好きだわあと。主人公の藤井八雲は二つの人格を持つ三ツ目の少女パールバティ4世ことパイと出会う事により、彼女と一心同体の不死身の体になるウーの契約を結ぶ。彼女を人間にするために冒険をする漫画であった。ヒンドゥー教のシヴァである鬼眼王との勢力との戦いが物語冒頭からずっと続いた物語であった。パイとパールバティという二つの人格を持つ少女に主人公八雲が恋をして、彼女を守るために不死人となっても普通の人間であって言っちまえば不死身なだけのキャラがどんどん強く成長していき世界を救う物語であった。

物語の後半では力を得ても大切な人を救えなかった八雲の葛藤や人間は弱い汚い生き物である事を描かれてけれども大切なものであるから守りたいみたいな感じの人間ドラマが自分はとても好きだ。特に育ての親を救えなかった八雲や八雲の旧友が醜い心をさらけ出す31巻はとても好きである。力を得て得れば得るほど。八雲の弱さが際立つ。

サザンアイズの魅力は八雲とパイのボーイミーツガールで始まる恋愛ドラマがかなり作品としても重要ではあるけれど、自分はサブキャラであるハズラットハーンと綾小路葉子の二人の恋愛ドラマも素晴らしいと思っている。

特に葉子は一時期パイの体を借りて記憶を失ったパイとして(綾小路ぱいとして)、八雲とかなり切ない恋愛ドラマを見せてくれた。第二部は本当に傑作だな。その後、綾小路葉子として八雲と再開する。再開してからずっと八雲の事が好きで、いわゆるパイと八雲の間に入る恋愛ライバルキャラだったが、三角関係になるには八雲とパイの絆は強く一線を起き始める。そんな中、葉子の事が好きなハーンのアプローチにほだされたのか途中からハーンと恋愛関係になる。物語の後半でハーンがほぼ死んでる状態になってしまい、そのハーンを救うため八雲を裏切り鬼眼王勢力に寝返る。ハーンを救うためかつて好きだった八雲とも戦う事になる。また、ハーンのコピーであるリバースハーンというキャラも出てきて、心のどこか旧ハーンの気持ちの残滓から葉子の事を好きになるが。葉子は自分が好きであったハーンとは違う存在として拒絶する。

物語は最後の鬼眼王との決戦へと進み、八雲達は絶対絶滅ちょー絶望な状況になり敗色が濃厚となる。最後の時と言うことで、葉子はハーンに今でも八雲が好きだったと告白する。

majicaよ!?と今まで葉子の心理描写は若干曖昧に描かれていたから上で書いたような恋愛ドラマを描かれている裏側では!!?とこのサザンアイズ、葉子の視点から物語を読むとかなり切なさが溢れる青春恋愛モノの漫画となる。せつねー。

まぁ結局、再開された新章では葉子とハーンは良い夫婦になってたりとか力を得たことで人間の感情が薄れていく八雲等、昔から読んでた読者にはジンと来る展開が幾つもある。

話かわるが、自分がベッドを買って業者に搬入、組み立てをして貰って自分の部屋へと入れた際、業者の兄ちゃんが転がってるサザンアイズ新章のコミックスを見つけ、サザンアイズまた始まってるんですか?とサザンアイズについて少し盛り上がれたのは楽しい思い出だった。

物語の欠点は明確に分かるけれども、それを超える愛がある。サザンアイズは今でも一番好きな漫画である。ちょー好きな大好き。愛してる。