ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

きれいな黒髪の高階さん 愛情ボランティアはニートだって関係ねえなと

あとがきで森田季節が語ってくれてホッとしてるものがあるのだけれども。私の好きだった森田季節でした。ぶっちゃけ森田季節はけっこう達者な作者だと読み手であるこちらとしては、思っていて。けっこうキャラ同士の掛け合いをしているとき上手さを感じられてその先が見えない。イマイチハマるモノが無い。みたいな。上手すぎるが故にそのせいで何か心に来るモンが無いなぁと感じてたのが近年の作品に感じられてあまり自分が心ひかれる作者じゃなくなっていた。というのが正直のショウジキ。本当のホント。

なのだけれども本作、きれいな黒髪の高階さんは、かなりキャラ同士のべしゃりが達者だなぁよりも面白い。コミカルが勝っていて。あっ。。。これ自分が好きな森田季節じゃん。春夏秋冬。いつの季節なのか忘れてしまったけれども自分の好きな森田季節じゃんとすごく楽しめました。

自分は森田季節過去作の中でもエトランゼのすべてが大好きなのだけれども。京都、大学生、恋愛、ニート。何よりも青春ということで本作と何かしら被るものがある。というよりも。コレエトランゼのすべてのカウンターパンチをかましてるんじゃない?と感じさせるものがあった。エトランゼのすべては非常にオススメなんすけど、如何せん星海社なので電子書籍が無いという大きいウィークポイントで人にオススメし辛いんすよね。面白いよ、エトランゼ。

エトランゼのすべて (星海社FICTIONS)

エトランゼのすべて (星海社FICTIONS)

まず大学生の青春モノってジャンルを上手く描いたらその時点で勝ちみたいなのがある。それに京都よキョート。この時点で森田季節のコミカルで楽しい会話劇が乗ってきたら楽しい。ヒロインである高階さんのキャラも面白い。というか楽しい。皮肉や至言とかもこの高階さんの崇高?なニートキャラに乗せると心地良いおかしみとか面白さがあるのよねえ。なんか切なさがあるのよねえ。

切なさや青春具合を上手く演出してるのが各登場人物の距離感。ここも絶妙。主人公ヒノデくんの元サークル女友達のたぬきちさんや家庭教師の教え子であるJK。そして当然高階さんのヒロイン達と主人公の距離感が絶妙。青春とか恋愛てんじゃねえかとラブコメしてんじゃねえか。この青春恋愛とラブコメのぶっちゃけ同じじゃねえの??といやいや違うんだよと言いたくなる微妙なニュアンスのものを感じさせるのは、この距離感が絶妙なのと森田季節のコミカルな文章のおかげなんじゃなかろうかと。感じてます。


あー長ーなげーな。長くなっちゃったからもう止める。とりあえず非常に楽しめましたね。私の中では帰ってきた森田季節の巻きみてえな感じっすね。

号泣 読みました

号泣 (集英社オレンジ文庫)

号泣 (集英社オレンジ文庫)

キツい。かなりの毒が強い物語。けれどもそこはかとなく情緒みてえな物語も感じさせる。これは人を選ぶというよりも敢えて毒を飲み下せるか?みてえな人が楽しめる作品なんじゃないかな?と思いました。私はその毒に終始グロッキー気味だったけど、ミステリー部分は好きな部分もありました。四季の女性。琴。ミステリーと雰囲気抜群の儚い毒を君は飲み干せるか!!わたしゃ。キッツー。なのですよ!!

貴方の中の大切な本はなんですか

人の大切な小説を本を読むのが好きだ。その人が何で大切で心の宝石箱みてえな自分の綺麗なものとして大切にしてる本が好きだ。もしかしたら目の前で見ている分かったつもりでいるその人の何か違う新しい一面をその本を通して見ることができる。だから趣味が違えし正直センスねえなと勝手に思ってる人であっても大好きだという叫び自体は好きなのかも。しれない。
まるで愛のようだ。みてえな。

渡しの大切な作品は繰り返し言ってるけど、繰り返し言おうかなとも思う。一般文芸なら長嶋有山崎ナオコーラ、柚木麻子、吉田修一長沢樹村上春樹が好きだ。

愛のようだ

愛のようだ

ナイルパーチの女子会 (文春文庫)

ナイルパーチの女子会 (文春文庫)

横道世之介 (文春文庫)

横道世之介 (文春文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

ライトノベルでは作品単位でシュピーゲルシリーズ、グラスハート、ブギーポップetcキリガナイくらい好きだがある

好きだを聞きたい。言葉にならない笑顔をみてみたい。だから私は叫ぶ。愛のようだ。みてえな。

リア充にもオタクにもなれない俺の青春 2 読みました

リア充にもオタクにもなれない俺の青春2 (電撃文庫)

リア充にもオタクにもなれない俺の青春2 (電撃文庫)

よっ良いっていう余韻がかなり穏やかに優しく残る物語なんだよなぁ。決して奇をてらってとか尖ってるとかをギラギラさせてる訳でもないのに。この作者らしさというかこの作者にしかこの物語は書けないのかな?て思わせてくれる。この人だけ感が心地良いです。

ソレはきっとあっソレ言うんだていう台詞とかそーゆー文章書くんだとかそーゆー物語の運びをするんだとか。ホントになんてゆーかフツーの中に優しく。パステルなのかカラフルなのか分からんけれども。この作者の独自の色が薄く光ってる。けれどもしっかり積み取れる。

凄く良い作品だと思うんだけどなぁ。

近日中に読みたい積んであるライトノベル

メモ

読書の秋だねって訳じゃ無いけれども私の読書欲がフルドライブ

フルドライブフルアクセル。猛スピードで母も私も貴方も彼女もやっぱり私も。つか私なのだけれども。萎えに萎えて最早読書をすること自体が自分は本当に好きか?という根本的な疑問を持つレベルまで全く本を読む生活から離れていた。断ち切れた訳では無いけれどもぜーんぜん。ぜんのぜん。ゼンゼン読む気が起きていなかったところからあーそうだ本でも読むかという気持ちが芽生えてる自分に。褒めてつかわすというのは全くもって違うし気持ち悪い。けれどもオメェそういや好きだよな、本読むのってくらいには取り戻しにきてる。楽しいよね、読書って。そこそこ。

それは季節が変わり木々が紅く染まるところに来た。からという訳でなく。多分もっとしょーもない理由でぶっちゃけソシャゲに飽きた。FGO。ぜーんぜんやる気が起きない。読書とソシャゲの頻度が裏返しになった。両方器用に。ながらで周回なんてできないほどには良い感じの不器用な自分。できんくない?

ソシャゲに飽きたらムクムクと昔自分が好きだったことに興味を取り戻し。財布。時計。自転車。音楽。そして読書。と最近リソースをソシャゲに全振りしていた半年以上を取り戻すかのように自分の好きだったことを再びリスタートし始めた。自分をリスタート。

そう読書って楽しい。ブログを書くのも楽しい。楽しいからやってたんだと。楽しさはそこそこなのだけれども。

なんか楽しい。そりゃ楽しい。当たり前だ。楽しい面白い好きってことをやってるんだから。

さぁさぁそしたら何か本の事に着いて無性に独り言をベシャリたくなってきた。最近グラスハートをやっと全巻読んだのですが。ともかく傑作。とにかく大好き。心が千切れる愛おしさがある。誰か読もうよグラスハート。すんげえ心が千切れそうになるよ。

私の夜の本気ダンスは読書と音楽とそしてブログで楽しく踊って参ります。キメにいきまっせ。

弱キャラ友崎くん 6.5 輝きだして走っていけ、虹色の蟻地獄

良い!!!!!チョッピリ反吐もでる。。。
だけど良い!!!!!て感じのかなりポジティーブな気持ちにマイスマイル。

みみみ氏の気づいたらハマっている。綺麗な綺麗な蟻地獄にハマっている。みてえな恋愛模様が。まぁこーゆーの好きなのよねえ。恋愛模様を描く時に。気づいたらハマっている。好きなってるの中のカテゴリに入ってるけどハマっている。そんなハマり方がとても。よし!!!!あんたは輝いてるから大丈夫。このままこの物語を突っ走りなさい駆け抜けていきなさい。青春を。てなりません?なるわぁなるわぁ。

その他女性人のサイドストーリー基本SMILE!!

久しぶりに友崎くんで多少の反吐はあるけれども満足値の高いのを読めた。サンボマスターでも聴きながら踊りてえもんだな。